京都で木の家を建てるなら、オークラホーム京都支店京都府・滋賀県・大阪府の新築一戸建てや注文住宅ならOKURA HOMEへお任せください。

  1. Top
  2. 大倉の木の家
  3. 認定低炭素住宅

大倉の木の家京都の気候に寄り添う木の家づくり

オークラホームの木の家は、「認定低炭素住宅」標準仕様

夏涼しく、冬暖かい

京都は、三方を山に囲まれた盆地。
そのため、『夏は酷暑、冬は酷寒』という気候に。

その結果、どうしても暖房や冷房をたくさん使ってしまい、光熱費の負担も大きくなってしまいます。

しかし、厳しい京都の夏や冬であっても『低炭素建築物認定』を受けた建築物なら、
認定を受けていない建築物に比べて一次エネルギーを削減でき、結果的に節電できます。

認定低炭素住宅は健康×快適×低燃費次世代につなぐ、人と環境と暮らしにやさしい快適な住空間を実現。

認定低炭素住宅5つの特徴※認定低炭素住宅は所管行政庁の認定制度です。

  • 一次消費
    エネルギー量の削減
  • 高効率換気による
    クリーンな室内空間
  • 高気密高断熱による
    室内温度の一定化
  • 税制の優遇
  • 結露やカビの抑制
低炭素住宅イメージ図
低炭素住宅イメージ図

「認定低炭素住宅」では一次消費エネルギー※量マイナス10%を目標に掲げた認定基準が設けられています。
例えば、高気密高断熱の仕様や節水型設備、高効率な給湯器の採用など、従来の住宅に比べて経済的な仕様でなければなりません。室内温度の一定化や紫外線や結露に強い複層ガラスの採用などで、1年通じて快適な住空間を実現します。
低炭素住宅認定制度に基づいて施工された家は、必然的に光熱費を削減した省エネ性の高い住まいのため、家計の負担も減らします。

※一次消費エネルギーとは…現行の省エネ基準では、建物の断熱性能への評価が中心で、省エネ性能の高い設備機器を使用しても評価できないといった課題があげられていました。これを受け、今回の改正のポイントは、外皮の断熱性能に加え、暖冷房や給湯、照明設備などの性能も含めて、建物全体の省エネ性能を評価できるよう「一次エネルギー消費量」を指標とする基準に見直されます。一次エネルギー消費量は「暖冷房エネルギー消費量」「換気エネルギー消費量」「照明 エネルギー消費量」「家電エネルギー消費量」で評価されます。

税制面でも暮らしを快適にしてくれる「認定低炭素住宅」。

税制区分 控除期間 控除率 最大控除額
一般住宅 認定低炭素住宅
所得税 平成26年
(4月以降)

平成31年
(6月末まで)
10年間 1.0% 400万円 500万円

平成31年6月30日までの入居者が対象

※プランにより、認定低炭素住宅仕様にならない場合がございます。

登 録
免許税
税制区分 一般住宅 認定低炭素住宅
所有権保存登記 0.15% 0.10%
所有権移転登記 0.30% 0.10%

平成30年3月31日までの入居者が対象

50年の歴史が培ったOKURA HOMEの木の家づくりの技術とは?-今ならその詳細が分かるパンフレットをプレゼント!-

OKURA HOME京都支店

OKURA HOME 京都支店

住所
京都市伏見区深草下川原町41番地1 ソラール稲栄1F
フリーダイヤル
0120-656-173
受付時間
9:00~21:00